代表挨拶

【会計部門 代表】

公認会計士・税理士 野田 優子

(会計士登録番号16983・税理士登録番号102942)

【主な経歴】 

 

平成7年 公認会計士第二次試験に合格

平成8年 早稲田大学社会科学部卒業

平成8年  PriceWaterhouseCoopers(PwC)国際部(現PwCあらた有限責任監査法人)、

大手税理士法人を経て平成18年に独立。

 

私は、お客様に安心をお届けするため、さらなる発展をとげて頂くために事務所を立ち上げました。

 

お客様のお力になれる様、日々研鑽を積み、常により良いサービスの提供ができる様に努めています。

 

仕事をすすめていく上で最も大事なことは、お客様のお気持ちやお考えを十分にお聞きすることだと思います。

時間をかけてヒアリングし、よく理解した上でベストプランをご提供いたします。

 

税務や法律の中には、専門家にとっても難しく、複雑な内容のものが沢山あります。

お客様にきちんとご理解いただけるよう、手間を惜しまず、わかりやすく説明することを常に心がけております。

 

お客様の疑問や不安を解決し、さらなる発展のお手伝いをすることが公認会計士・税理士としての喜びだと感じています。

 

当事務所のサービスの特徴はこちらをクリック

【法律部門 代表】

弁護士 野田伸也

(第一東京弁護士会所属 登録番号29149)

 遺産相続のあらゆる問題について経験豊富な弁護士と税理士が共同で相談・依頼を受けます。

 

相続問題は,法律の問題だけでなく税金の問題が複雑に絡みます。片方だけを考えるだけでは,結果的に思わぬ損失を被ることがあります。常に法律面・税金面の双方から検討する必要があるのです。

当事務所では、単にご相談者の希望に応じるだけでなく、法律的に可能ないくつもの選択肢の中から、税務上もっともご相談者に有利な対応を検証し、積極的に提案いたします。

 

【相続問題は早めのご相談を】

「どうしてもっと早く相談してくださらなかったのか?!」多くのご相談を受けていて良く思います。

親族の死や財産にまつわるものですから、事前に検討しておくことは気が引けるかもしれません。

しかし事前に対策を練っておくのとそうでないのとでは、雲泥の差が生じてしまいます。

インターネット社会になって久しいですが、それでも相続の問題についてはなかなか一般の方に周知されているとは言えません。

当事務所では、皆様の相続問題の悩みに親身になって向き合って解決し、法律上・税務上ともに最適といえる選択肢をご提供いたします。

【経歴】

昭和47年 東京池袋に生まれる。

平成7年   慶應義塾大学法学部法律学科卒業

平成11年 司法試験合格

平成13年 弁護士登録(第一東京弁護士会)

同年    朝日中央綜合法律事務所勤務

平成16年 東京池袋に井出・野田法律事務所開設

平成22年 東京麹町に野田綜合法律会計事務所開設

平成27年 東京恵比寿に同事務所移転

 

【主な著作】

朝日中央綜合法律経済事務所グループ著

朝日中央出版社

「相続紛争の予防と解決実務のすべて」

「相続税軽減・納税実務のすべて」

「事業承継実務のすべて」

共著・大蔵財務協会税のしるべ総局

「農家の税金対策と土地活用」

第一東京弁護士会法律相談運営委員会著

日本加除出版社

「実例 弁護士が悩む家族に関する法律相談」

 

過去に従事した活動

第一東京弁護士会法律相談運営委員会副委員長

同委員会家庭相談部会長

第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会委員

第一東京弁護士会裁判員制度委員会委員

第一東京弁護士会成年後見センター運営委員会委員

第一東京弁護士会会社法部会委員

第一東京弁護士会知的財産権研究部会委員

医療事故情報センター正会員

租税訴訟法学会委員

NPO法人地主家主協会顧問

宅地建物取引主任者登録講習講師

ビル経営管理士試験講師

パラリーガル養成講座講師

日本司法支援センター(法テラス)相談員・審査委員など

 

【趣味】

子供たちと遊ぶ・水泳・ジョギング

 

【座右の書】

新渡戸稲造著「武士道」